風俗嬢のいうとおり

期待を込めての「指名」

指名する場合、いろんな考え方があると思うんですけど、ここ最近指名しているkちゃんに関しては期待値も込めています。現状だけでもそれなりに素晴らしいパフォーマンスを見せてくれている風俗嬢だと思うんですけど、もっともっと出来るんじゃないのかなっていう期待値があるのもまた、一つの事実なんですよね。彼女はもっともっと出来る。そしてそれは時間が解決してくれる部分もあるかもしれないじゃないですか。だからこそ、彼女に対しては期待値を込めて指名しているんです。いずれもっともっとフィーリングが合うような風俗嬢になるんじゃないかなって気持ちがあるので、彼女を指名し続けていますし、実際回数と共にこちらの期待値に応えてくれているのも分かるんですよね。だから彼女は、もっともっと素晴らしい子になるだろうとの確信をもって、今後も指名し続けていきたいなって思っています。彼女ならきっとやってくれる。そんな期待感があるので、見守りたいですね。

大切なのは相性よりも…

相性の問題は風俗ではとっても大きいと思っていましたけど、そうでもないってことに気付くようになってきたんです。相性も関係ないって言っている訳ではないんですよ。何度も何度もリピートするような風俗嬢はそれだけ相性が良いってことだと思うんですけど、一期一会の段階では相性よりも、お互いがお互いのことを考えることの方が断然大切なんじゃないかなって思うんですよね。決して大袈裟な話ではなく、実際の所その点がとっても大切かなって。ある程度相手への配慮があれば、それだけで気持ちも変わると思うんです。配慮をしっかりとする。それがとっても大切なことだと思うので、風俗では結局はあまり難しい話ではなく、どれだけ相手のことを配慮出来るのかを意識している風俗嬢との時間であれば、間違いはないんじゃないかなって思います胃けどね。何度もリピートするのであればそこからプラスアルファとして相性も大切になってくると思いますけど、初めてならそうでもないですよ。