風俗嬢のいうとおり

反動から、貧乳が好きになった

人間ないものねだりじゃないですか。だからこそだと思うんですけど、貧乳が好きなので、風俗では貧乳の子ばかりが目に入るんですよね。というのも、それまで付き合ってきた女の子、そして今付き合っている彼女も全員巨乳なんですよ。だから巨乳は自分にとってはそこまで珍しい物ではないですし、言い換えれば自分は巨乳としか遊んだことがないってことでもあるんですよ。風俗を抜かせば、自分が見た女の子の肌かはすべて巨乳なんです。だから風俗では巨乳を見る必要がないっていうか、せっかく非日常を味わいたいって思っているのに、日常的な存在とも言うべき巨乳を見ても面白くないじゃないですか。だから風俗では貧乳の子を指名するようにしているんですけど、やっぱり全然違うものなんですよ。同じ「胸」であっても、もはや別物と言っても良いんじゃないですかね。見た目の印象はもちろんですけど感度ですね。感度に関しては明らかに貧乳の方が素晴らしいんじゃないかなって。

急激な展開があるからこそ

風俗は、時に急激な展開もあるじゃないですか。それもまた、ある意味では風俗だからこその楽しさですよね。どんな女の子がいるのかは、まさに予定調和の対局じゃないですか。長く在籍しているベテランもいれば、新人もいますけど女の子は別に風俗店と何年契約とかじゃなくて、働きたい時に居る。本当にそんな気持ちだと思うんです。だからか、風俗では一期一会のつもりで楽しむようにしています。次に同じお店に行ってもその子がいる確証なんてないですしね。それこそお店に在籍している女の子が全員変わっているって可能瀬宇井だってあるかもしれないじゃないですか。女の子にもまた、女の子なりの事情があると思いますのでそこは自分の心の奥に秘めておくようにするんですよ。そうじゃないと自分の気持ちが揺れ動くじゃないですか。それだけに、風俗を楽しむ時に心掛けているのは、何と言ってもその時のフィーリングです。その時に楽しみたいって思ったら楽しむんです。