風俗嬢のいうとおり

困り顔の風俗嬢はいいですよ

一時期困り顔メイクが流行っていたじゃないですか。風俗嬢でもいましたけど、あれは結構お勧めなんですよ。一つのスタイルとして定着しているので、今で探せば困り顔の風俗嬢もいると思うんですけど、困っている感じの顔だと、攻めた時により一層感じているかのような気持ちになるんですよ(笑)錯覚なのかもしれないんですけどね。それに、フェラ顔も困っている感が出るので、男心に響くんですよ。嬉々としてフェラをされるよりも、こういった形の方がそそられるなってことに気付かされるんです。それも含めて、風俗では自分なりにいろいろなことを楽しめるというか、困り顔の方が自分が求めるリアクションをしてくれている率が高いような気がするんです。決して相手は意識している訳じゃなく、メイクのおかげでそうなるってだけなのかもしれないんですけど、自分にはリアリティになるんです。そのリアリティが、より大きな満足感を生むことになるんですしね。

なんでか。その答えはいつも風俗にある

男として、いろいろな思いがあると思うんですけどそれらはすべて風俗で解決出来ることなんじゃないかなって思っています(笑)欲求不満、怒り、イライラ、寂しさ。男だって人間なんです。いろいろな気持ちになるのは当たり前ですけど、それらの気持ちは風俗、そして風俗嬢が全て受け止めてくれるので、自分もいろいろな気持ちが芽生えるようになったら風俗に行ってとりあえず気持ち良くなれば良いかなって思っています。それだけでも結構違うものなんですよ。むしろそこにいろいろな気持ちがあるというか、ジャンルによってやっぱりそこにはいろいろな事が出てくるものじゃないですか。それこそが風俗の大きなメリットというか、風俗だからこそもたらされる感動と言っても過言ではないんです。女の子との二人きりの時間は、快感だけじゃなくてほかにもいろいろなものをもたらしてくれるんです。それもまた、風俗がここまで多くの人に必要とされていることなんじゃないかなって。